不登校の問題点と支援策



不登校の支援

 

小学生、中学生、高校生のいずれの学年であっても、学校に行けなくなった子ども達への支援団体は全国にあります。

 

例えば、本当は勉強したい、学校へ行きたいのだけど、人間関係で悩んで不登校になってしまっている子どもへの支援策は専門の家庭教師を派遣してもらって自宅で勉強を教えてもらうことができます。

 

この方法であれば、学校は欠席していても勉強に遅れることはないので、復学したときにスムーズに入りやすいというメリットがあります。
家族や学校の先生にその理由をなかなか話せない子どもには、専門のカウンセラーを受診させてあげてください。

 

専門のカウンセラーなので、時間をかけて丁寧に本人の心を解きほぐして、何が原因なのか、その問題を解決するにはどうしたらいいのかというアドバイスをもらったり、一緒に考えてくれますので、不登校児を抱えている家族にとっても心強い存在です。

 

本人に協調性がない、他人と上手くかかわれないため不登校になっているケースでは、忍耐力、協調性、友好的な人間関係を築けるように学べるフリースクールがあります。

 

フリースクールは自宅から通える距離かどうかにもよりますが、全寮制のスクールもあるので、非行による不登校の場合は生活基盤からの建て直しを元に全寮制のスクールを選択する方法もあります。

 

いずれにしても、自治体の保健センターや教育委員会、育児相談、人権擁護センターなどで相談を受け付けてもらえますので、不登校児を抱えている家庭は一度相談してみるといいでしょう。