不登校の問題点と支援策



不登校の改善

 

不登校の改善、克服に大切なのは子供に出来る限りプレッシャーを与えないことです。現代社会で生きている以上、大人も子供も何かしらのプレッシャーを受けて生活しています。
大人にとっては気にも留めない他愛のないことだとしても、子供にとってみればそれは大きなプレッシャーなのかもしれません。

 

子供には子供にしか分からない悩みや怖さなどがあるのです。
そのプレッシャーが、もし子供にとってとてつもなく重過ぎるものだとしたら、例え一度だけの「何か」だとしても、その一度だけで不登校になってしまうこともあります。
逆にそれが軽いものであっても、それが日常的、もしくは定期的に続くものだとしたらそれも不登校の原因となりえます。

 

他に大切なのは、子供に失敗を繰り返させないことです。
子供は失敗して学習して、物事を覚えていく、これは間違いではありませんし、失敗しない人間などいるわけがありません。

 

しかしもしも、毎日のようにであったり、何度も同じ失敗を繰り返してしまうと、子供は自分に自信が持てなくなり塞ぎ込んでしまうケースもあります。
こうなってしまうといわゆる引きこもりになってしまい、なかなか親の話も聞こうとしなくなる場合が多いです。

 

これらを防ぎ、不登校を改善するためには親や周りの大人達が子供を気にかけ、よく観察することです。
子供がプレッシャーを感じていたり、何か悩みがあれば何らかの変化があります。
その変化は子供達のSOSです。
その子供達のサインを見逃さないことが一番重要です。