不登校の問題点と支援策



不登校の受け入れ先

 

現在、学校や、学校の友達に上手く馴染めずに、不登校になってしまう子どもがたくさんいます。原因は、その子の家庭環境の背景にあったり、学校でのいじめなど、様々で、一口に「これ」とは言い切れませんが、不登校児は何らかの形で精神的なストレスを抱えているものです。

 

そんな学校に行けずにいる子どもたちをサポートしたり、受け入れている学校や施設も、今ではたくさんあります。

 

日本全国に、たくさんそのような不登校児が集まる学校がありますが、どの学校にも共通して言えることは、カウンセリング体制がしっかりと整っている点でしょう。
心に傷や悩みを抱えた子どもたちを支援するのですから、当然と言えば当然ですね。

 

また、一人ひとりの能力や個性に合った、学習カリキュラムを組めるというところも多いようです。

 

最近では、そのようなニーズに応えるために、不登校児を受け入れ、支援する学校などの一覧集や、サイト集も登場しています。

 

また、同じ様に学校に行けなくなった子どもたちが集まってくるので、そこでそれぞれの悩みを共有、共感したり、励ましあったりできるという利点もありますね。

 

不登校の理由は本当に人それぞれです。
特に思春期にさしかかった子どもたちは、内面でもいろいろな葛藤を抱えているのに「家庭が上手くいっていない」「友達と馴染めない」「いじめを受けている」「学校の勉強スピードについていけない」「なぜだか分からないけど学校に行きたくない」などの境遇に合い、さらに苦しむことになります。

 

そういう子を責めるのではなく、一緒に頑張ろう、という気持ちで応援してあげられるようになりたいですね。